建築用語かんたん解説・か行

2008年03月10日

用語解説・重ね継手〜仮設工事

・重ね継手(かさねつぎて)
 従来から一般的に行われている継手工法のひとつ。
 鉄筋、鋼板、溶接などを重ねて継ぐ方法で比較的簡単な工法である。。

・重ね梁(かさねばり)
 平行な二つの材を重ねて接着接合(くっつけあわせる)した梁のこと。
 一体化しているように見えるが、構造的には強度に欠けるため、大きな 材が得られない場合などに用いられる。

・瑕疵担保(かしたんぽ)
 有償契約(不動産の売買など)において、その目的物にかくれたきずが  あった場合に、売主が責任を負う。

・可照時間(かしょうじかん)
 一日に日照を受けられる時間。
 
・かすがい
 部材の緊結に用いる金具のこと。コの字形のものや、手違いかすがい、 目かすがいなどがある。

・春日造り(かすがづくり)
 神社建築様式のひとつ。仏教建築の影響を受けて奈良時代中期に現
 れた。春日大社本殿が有名。
 正面柱間は1間で、棟には置千木と堅魚木があるのが特徴。

・仮設工事(かせつこうじ)
 建築現場などで、一時的に作られる施設や設備などの工事のこと。
 測量、山留め工事、足場工事、型枠工事などをいう。建築物が完成した 後に取り壊される現場事務所などもそうである。
 



sakuyo80 at 17:14|Permalink

2008年03月05日

用語解説・階高〜確認済証

・階高(かいだか)
 床(ゆか)から、その真上にある階の床面までの高さ

・改築(かいちく)
 建築物の一部または全部を建替えること。

・開発許可(かいはつきょか)
 市街化区域や市街化調整区域で開発行為をしようとする時に
 、都道府県知事の許可を事前に受けなければ、開発できない。
 また、開発許可が受けられなかった場合は建築確認も下りない。

・界壁(かいへき)
 境界壁。延焼防止のため小屋裏または天井裏に届くように設置される。
 準耐火構造で造られる。
 また、共同住宅などでは、プライバシー保護のため界壁を遮音構造
 にするよう決められている。(基準法30基法22の3・114)

・外力(がいりょく)
 構造物やその部材に、外部から作用する「風圧力」や「地震力」のこと。

・ガウディ(がうでぃ)
 アントニオ・ガウディ。スペインの建築家。(1852〜1926)
 代表作にバルセロナにある、教会「サグラダ・ファミリア」や、
 同じくバルセロナの公園「グエル」やユニークな形で有名な住宅
 「カサ・ミラ」がある。
 
・鏡板(かがみいた)
 天井や建具などに用いられる一枚板のこと。

・かくし丁番(かくしちょうばん)
 扉を閉めたときに、完全に見えなくなるように取り付けた丁番。
 扉と側板を彫って埋めこむ。埋め込まず表面に直接取り付けるタイプ
 もある。

・確認申請(かくにんしんせい)
 建築物の新築・増改築・大規模修繕・模様替え・用途変更などを
 行う場合に、建築主事または指定確認検査機関に対しその計画が
 建築基準法等に適合するものかどうかの確認をうけるための申請。
 建築主が行わなければならない。

・確認済証(かくにんずみしょう)
 建築主からの確認申請に対し、建築計画の内容が建築基準法に適合
 している事を証明する文書のこと。
 また、工事施工者はこれを工事現場に表示しなければならない。




sakuyo80 at 11:31|Permalink
楽天市場
こんな合格法見つけました!
このサイトについて
H20年1月現在、卒業と同時 に二級建築士受験の資格が得ら れる専門学校(専修学校)のみ を掲載しました。 情報は各学校のHPや市販の情 報誌を参考にして作成しました。 出来うる限り正確を期しており ますが、このサイトをご覧にな って生じた損害、被害などに関 しては、管理人は責任を負う事 は出来ません。 あくまでも自己責任の範囲でご 参照ください。 このサイトは現在編集中です。 何かご意見、ご要望、ご注意  があればメールして下さい。 by管理人 happiness0128@@otafuku3.net  (@を1つ取って下さい。) 
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。 詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。
サイト管理者
人気のキーワード
  • seo

SEOパーツ