下げ振り

2008年03月18日

用語解説・採光〜下げ振り

・採光(さいこう)
 屋外の自然光を室内に採り入れること。
 *有効採光面積(居室の床面積の7分の1以上の「有効採光面積」
 を 確保しなかればならないとされている)

・細骨材(さいこつざい)
 コンクリートやアスファルトの強度を保つためセメントに混ぜる
 骨材の一種、一般的には砂。
 *細骨材率(細骨材および粗骨材の全骨材量の和に対する細骨材の
 絶対容積を百分率で表したもの)

・砕石コンクリート(さいせきこんくりーと)
 天然砂利のかわりに細骨材として砕石を用いたコンクリート。
 砕石は良く水洗いして使用し、ワーカビリティをよくするため
 AE剤を使用する。

・在来工法(ざいらいこうほう)
 日本の伝統的木造工法である軸組工法のこと。
 ツーバイフォー工法などと比較してよく使われる。

・棹縁天井(さおぶちてんじょう)
 棹縁(天井材を下から支える細長い横材)を用いて天井板を支える
 形式の天井

・座屈(ざくつ)
 細長い部材に圧縮力をかけると、孕んでしまいには折れてしまう。
 これが座屈。

・サグラダ・ファミリア(さぐらだふぁみりあ)
 スペインの建築家、アントニオ・ガウディの代表作である、
 聖家族教会。1883年にガウディが引き継ぐまでは、ネオ・ゴシック
 調の建設計画であったらしい。

・下げ振り(さげふり)
 測量に用いられる方法で、糸の先に錘(おもり)を付け、建物の
 垂直を調べたりする。




sakuyo80 at 22:15|Permalink
楽天市場
こんな合格法見つけました!
このサイトについて
H20年1月現在、卒業と同時 に二級建築士受験の資格が得ら れる専門学校(専修学校)のみ を掲載しました。 情報は各学校のHPや市販の情 報誌を参考にして作成しました。 出来うる限り正確を期しており ますが、このサイトをご覧にな って生じた損害、被害などに関 しては、管理人は責任を負う事 は出来ません。 あくまでも自己責任の範囲でご 参照ください。 このサイトは現在編集中です。 何かご意見、ご要望、ご注意  があればメールして下さい。 by管理人 happiness0128@@otafuku3.net  (@を1つ取って下さい。) 
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。 詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。
サイト管理者
人気のキーワード
  • seo

SEOパーツ